この記事は約 3 分で読めます

 

 

神寺千寿さんの大人気漫画

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

を読みました。

 

 

 

衝撃的でした。

 

 

 

中学生の大人しい女の子が

タイトルのとおり、

デキちゃうからと抵抗するのに、

無情にも中出しされまくります。

 

 

 

しかも、

ストーリーが進むにつれて、

女の子の悲惨な過去が

暴かれていきます、、、。

 

 

 

ゆるふわほんわりの

表紙とは正反対の

救いようのないヘビーな

内容でした。

 

 

『デキちゃうけど、ナカでもいいよね。』

作者:神寺千寿
権利元:カゲキヤ出版
巻2巻まで配信中【完結】

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。のあらすじ

 

 

一緒に勉強するために訪れた

付き合い始めたばかりの彼・広瀬くんの家を

訪れた中学生の由菜ちゃん。

 

 

 

そこで再開したのは、

かつて由菜ちゃんを輪姦したグループの一人。

、、、広瀬くんのお兄ちゃんでした。

 

 

 

広瀬くんが用事で出かけてしまうと、

さっそくお兄ちゃんは

怯える由菜ちゃんに無理やり

フェラチオさせます。

 

 

 

由菜ちゃんの口内に

たっぷりと射精しただけでは

飽き足らず、由菜ちゃんを

自分の部屋に連れて行くお兄ちゃん。

 

 


おっぱいを舐められ、

アソコを責められ、

大人しいはずの由菜ちゃんも

体を震わせて濡らして感じます。

 

 

 

とうとうお兄ちゃんの

イチモツを挿入され、

いろんな体位で突かれまくると、

小さく華奢な体にもかかわらず、

由菜ちゃんは何回もイッちゃいます。

 

 

 

お兄ちゃんの『中で出す』宣言に

「あかちゃんできちゃう」

「もう生理が始まってる」

「あのときは・・・」

と抵抗する由菜ちゃん。

 

 

 

しかし、

それを聞いたお兄ちゃんは

「じゃあ、なおさら」

と漫画のタイトル通りの中出し!!

 

 

 

一度だけでは飽き足らず、

また大きくなったお兄ちゃんに

何度も中出しされてしまいます、、、。

 

 

 

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。の感想

 

 

この漫画は

大人しい女子中学生の由菜ちゃんが

なぜにこんな目に会わねばならないの?

と、可哀相に思えてしまうんです。

 

 

 

以前、広瀬くんのお兄ちゃんたちに

レイプされたときは、

まだ生理が来てなかったようで、

明言されてないんですけど、

一体いくつだったのやら?

、、、JS?

 

 

 

いやー、ありえないっす。

男って、こんなことばっかり

妄想してるのか、と

怒りすら覚えましたね(# ゚Д゚)

 

 

 

だいたい、最近の男どもは

生でしたり中で出したがる輩が多い!

、、、お姉さん、困ってます(笑)

 

 

 

ともあれ、

唯一の救いだと思ったのが、、、。

 

 

 

再会した広瀬くんのお兄ちゃんとの

セックスが、レイプ同然であるにも

かかわらず、由菜ちゃんが

しっかり気持ちよくなっているところです。

 

 

 

実は、由菜ちゃんは

少し前まで年上の男性と

付き合っていて、

すでに開発済みだったんですね。

 

 

 

さらに広瀬くんのお兄ちゃんを

含むグループに犯されていたり

したわけですし、、、。

 

 

 

この後、広瀬くんとも

とうとう結ばれるんですが、

広瀬くんの小さいアレでは

物足りなさを感じてしまうんです。

 

 

 

再びお兄ちゃんに呼び出されて

セックスしたときには、

じらされまくった結果、

自分から「挿れてください」

と懇願してしまいます。

 

 

 

何度もイッて、

潮まで吹いて、、、。

 

 

 

漫画だからなのかな。

アタシだったら、体力続かない。

 

 

 

、、、こんなにしたことないな(笑)

 

 

 

 

女子中学生に中出ししちゃう、

しかも、JS時代にまわされてたとか、

背徳感満載なのに

画が可愛くて、そのぶん切ない。

 

 

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

は電子コミックサイト

『コミなび』

試し読みできます。

 

→コミなび

 

 


デキナカ、とうとう実写化!?

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。あらすじネタバレ

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。あらすじネタバレ

神寺千寿さんの大人気漫画デキちゃうけど、ナカでもいいよね。を読みました。衝撃的でした。中学生の大人しい女の子がタイトルのとおり、デキちゃうからと抵抗するのに、無

投稿 2017/07/26